こうやって業務をしている

タクシー

一日の流れを見てみよう

タクシー

昼勤の場合

朝から夕方まで働くのが基本です。朝起きて出勤をし、定時には帰宅するという規則正しい働き方ができるのが特徴です。また、多くのサラリーマンたちが営業のため外を出歩くことが多くなるので利用者がつかまりやすいのが最大のメリットです。お客の質よりとにかく稼ぎたいなら昼勤一択でしょう。

夜勤はマイペースに頑張れる

夕方から入り、翌朝まで仕事をするのが夜勤です。昼夜逆転した生活なので体を壊しそうなイメージがありますが、途中で仮眠を取ることも可能です。日勤より乗車率が低くなりますが、割増料金と長距離運行のお陰で一度に稼げる額が多くなります。とにかく沢山お金を稼ぎたい、夜の仕事が向いていると感じるなら夜勤が最適です。

隔勤の流れ

翌日ゆっくり休みたい場合は隔勤がオススメです。ほとんどのタクシー運転手はこの形態で業務に励んでいます。最初は眠気との闘いですが、次第に体が慣れてくるので心配はありません。仕事をした翌日は必ず休みなのでストレスなく働けると大好評です。

食事休憩は二回

6時出勤が基本で出庫は7時前になります。12時に昼食に入り13時から再びタクシーを走らせます。二回目のご飯は19時からで、この時間帯はしっかり休むことが大切です。再び走り出し、深夜2時に車庫入りです。

洗車も忘れずに

一日走らせた車をぴかぴかに洗車するのもタクシー運転手の仕事です。翌日常務する人のためにタクシーを磨いて、ようやく自宅に戻ります。一日の流れはタクシー会社で異なりますから面接の時に質問をしてみましょう。

広告募集中