自分に合った会社の見つけ方

タクシー

求人の探し方

標識

転職情報をネットでチェック

タクシー運転手として活躍するためには、勤め先をまず探さないといけません。手っ取り早い方法としては、タクシー会社専用の転職サイトを使うか、もしくは雑誌を読み漁ることです。閲覧するだけで会社の特徴が丸わかりですし、気になった求人をサイト内でクリップできるので他の求人と比較をしながら検討できます。パソコンやスマホ操作が得意なら、サイトで探した方が便利で早いでしょう。

現職の人に話をしてみる

タクシー求人はネットや雑誌を使った探し方もありですが、タクシー運転手として働く人にどのような待遇で働いているのか、環境の良し悪し等を聞くとリアルな回答が返ってきます。不自然にならないよう、自然な流れで会社の情報を聞いてみましょう。

条件を箇条書きにする

タクシー運転手は、他の仕事より融通が利きます。例えば、平日フル出勤して休日はがっつり休むといったシフトの組み方も可能です。自分の時間を大切に、でもしっかり稼ぎたいならそれに合った会社を検索しましょう。

即採用可能か

定年退職をしてから始める人が多く、生活のため早めに合否がほしいという求職者もいます。タクシー会社によっては、面接後即採用をするところもあるので非常に助かります。

優良タクシー会社の特徴ランキング

no.1

何かあった時に対応してくれる

なるべく事故を起こさぬよう業務に励みますが、もらい事故や不注意で発生する可能性は十分あり得ます。その時に会社側が事故の補償と違反金の立て替えをしてくれるかを重要視しているようです。不親切な会社は事故後100万円近い修理代を請求するようで、あまりにひどい話だと働く人を困らせるようです。

no.2

顧客の多さを見ている

人気があるタクシー会社は、顧客の数がとても多く、走らせているだけで売り上げがどんどん伸びます。応募者が注目するのは無線が多く、大手であることです。法人と提携を組むような会社も、タクシーのチケットで利用できるのでロングのお客さんをとりやすくなります。

no.3

教育に注目しよう

タクシードライバーとして働くには二種免許以外にマナーやコミュニケーション能力が不可欠になります。応募者のほとんどが未経験なので、新人教育がしっかりしているかを重点に置くようです。業界未経験者へきちんと配慮されていると、不安なく仕事ができますね。

no.4

お金の動きをチェック

タクシー会社を選ぶ時、何を基準にするかで働き先が絞られてきます。例えば、お金の動きが良い会社はボーナスや出産祝い金、違反金の立て替えを快く引き受けてくれます。そのような会社は高速代や様々な手数料を支払う義務がないので安心できますよ。

no.5

皆設備を気にしている

深夜に及ぶ仕事は体力勝負になるので、仮眠室や寮が備え付けられていると助かります。独り身の人も結構いるので、同僚が集まる寮があると寂しさを払拭できそうです。あとは近くにコンビニがあったり銭湯があったりすると尚いいでしょう。

広告募集中